現在位置: HyperLand Plusトップページ > 日曜日のAndrodアプリ開発 > Androidプロジェクトの作成

Android Studioでプロジェクトの作成

Android Studioでプロジェクトを作成する方法を解説(紹介)しています。

プロジェクトって何?

【プロジェクト】は、EclipseやAndroid Studioなどの、開発環境がアプリを区別するための単位で、基本的な考え方は、「1プロジェクト=1アプリ(※)」となります。※「1プロジェクト=1アプリ」は、あくまでも基本的な考え方で、1プロジェクトで複数のアプリ(ランチャー)を作成することも可能です。

プロジェクトの作成方法(初回起動時)

Android Studioのプロジェクト保存フォルダに、作成したプロジェクトが無い状態(※1)でAndroid Studioを起動すると、図1が表示されます。プロジェクトを作成する場合は、赤枠で囲んだ【start a new Android Studio project】をクリックすると図3が表示されます。

※1)Android Studioでは、プロジェクトが【C:\Users\ユーザ名\AndroidStudioProjects】に保存(作成)されます。ユーザ名は、ログインユーザ名に置き換えてください。ログインユーザが分からない方は、【%userprofile%\AndroidStudioProjects】にアクセスしてください。

図1)Welcome to Android Studio
Welcome to Android Studio

プロジェクトの作成方法(通常時)

上記で記載している通り、図1は、Android Studioのプロジェクト保存フォルダに、作成したプロジェクトが無いでAndroid Studioを起動した場合のみ表示されます。通常は、Android Studio起動後、メニューから[File]→[New Project...]の順に選択すると図3が表示されます。

図2)Android Studio起動画面
Android Studio起動画面

アプリ情報の設定

図3の【Create New Project】が起動したら、アプリ情報の設定を行います。【Application Name】と【Company Domain】の指定は、下に示したとおりで、【Project location】は、特に指定がなければデフォルトで問題ありません。

Application Name
Application Nameは、プロジェクト名とデフォルトのアプリ名を兼ねます。アプリ名は、【AndroidManifest.xml】を編集すれば変更可能ですので「Application Name=プロジェクト名」と考えてもよいでしょう。英数字と記号を指定することが可能ですが、Application Nameで設定した名称でフォルダが作成されるため、Windowsのフォルダ名で使用できない記号は無視されます。捕捉情報ですが1文字目は英大文字が推奨されているようです。
Company Domain
Company Domain(会社のドメイン)は、Javaのパッケージ名と同義で、所属するドメインを逆から指定します。 例えば、所属する(独自)ドメイン「http://example.co.jp/」の場合、Company Domainは「jp.co.example」と指定します。「Company Domain」とありますが、個人で持っているドメインでも問題ありません。要は、アプリのパッケージ名が、全世界でユニーク(他と被らない)となっていれば良いだけです。テストや勉強などで、公に公開しないアプリであれば、デフォルト(初期値)で問題ありませんが、Google Playデベロッパーには、「重複がなく永続的に使用できるものを慎重に設定してください。」とありますので、Google Playにアプリを公開される方は慎重にパッケージ名を指定してください。お名前.com」などであれば年間1000円程度で独自ドメインの取得が可能ですが、パッケージ名に日本語は使えませんので、間違っても日本語ドメインの取得はしないように。
図3)アプリ名称の設定
アプリ名称の設定

図4赤枠は、アプリでサポートする最少Androidバージョンを選択します。赤枠内のAndroidバージョンを変更すると、青枠内のパーセント部分が変わります。Google Playにアクセスされた統計をもとに、指定したAndroidバージョンでサポート可能な割合を表示しているようです。

個人的には、Fragment使用可能バージョンの、ICS(IceCream Sandwich)の4.0系以前は対象外でよいかと思います。(2015年5月現在で約90%のAndroidスマートフォンをサポート)※Fragmentは「android.support.v4.app.Fragment」を使えば、Android 2.X系もサポートできると思われる方もいるかもしれませんが、そもそもAndroid2.X系で「android.support.v4.app.Fragment」が使える保証はどこにもありません。

図4)Androidバージョンの指定
Androidバージョンの指定

図5では、デフォルトアクティビティのテンプレート指定となります。個人的には、このテンプレート選択の画面は不要と思っていますが、「Blank Activity」辺りを選択すればよいかと思います。

図5)デフォルトアクティビティの指定
デフォルトアクティビティの指定

図5で選択した、アクティビティに関する名称の設定となります。下は「Blank Activity」の場合で、それ以外のアクティビティの場合は、下の表示構成は変わります。※「Add No Activity」を選択した場合は、図6は表示されず次工程に進みます。

図6)アクティビティ名称の設定
アクティビティ名称の設定

図7Android Studioプロジェクトフォルダの作成が行われます。(若干時間を要します。)

図7)Android Stutioの起動
Android Stutioの起動

Android Studioの起動直後は以下の通りで、右下の【Processes running...】が消えるまで待ちます。プロジェクトが表示されなければ、左タブの【1:Project】をクリックしてください。※初回起動時は、Processes running後にインデックシングが行われるため、さらに時間がかかります。

以上で、Android Studioのプロジェクト作成完了です。

図8)Android Studio起動直後
Android Studio起動直後